2016.1.31 花や樹とのコミュニケーションの取り方

私はよく、花や岩や木に呼ばれる感じ、

語りかけてくる感じがする….と、言います。

 

花たちが日本語で「ねえねえ〜!」っていうわけじゃありません(笑)

薄羽の妖精をリアルに見ることも、わたしの場合は、ありません(^^)

 

ただ、”そんな気がする”。

 

それは職場の会議などで、なにか言いたげな人の存在を感じるのと

とてもよく似ています。

fuyuajisai.jpg

 

昔、幼稚園で子どもたちをお預かりしてた時、

寂しげな子、不満げな子がいないか

いつもと様子が違う子はいないかと

常にアンテナを張り巡らせていた感覚…

 

企業で個人付きの秘書をしていた時、

ボスやその周囲の空気感から

何が起こったか、どんな気分か、

今何が必要かを察し、

一歩先取りで準備を進めていた経験…

 

そして、山でお掃除活動に参加し

体を動かしながら、山の空気と溶け合う体感を

何度も重ねた経験…

 

いずれも、当初はその目的ではなかったけれど

結果的にそうなった〜感じですが。

 

☆Try and error ☆

☆必死の反復練習☆

 

そういうコミュニケーションの「応用」のような形で

今、わたしには

花や木や石の周囲に語りたげな存在を感じ、

わたしの頭や心のざわめきを静めると

その存在の意図が

微かに静かに、そして明確に伝わってきます…

 

特段の意図を感じない可憐な花もあるし、

確かに磁場の違いはあるけど

様々な時代の人の意図の名残が強すぎて

大地の声は聞こえにくい聖地もあります

 

そんな中で、

ちょっと特殊な存在感を感じた花や、

なにがしかの純粋な意図を持った存在を

感じやすい聖地で作ったのが

カミングホーム・シリーズの13本のエッセンスたちです(*^^*)

 

ほしのしずく のサイトでご紹介しています。