【イベント】 2016.3.13 東昭史先生のフラワーエッセンス療法講座(2)

FBイベント_2asml

 

 

1月からスタートした、東昭史(あずま あきひと)先生のフラワーエッセンス療法の講座。

シリーズ講座、初回は『バッチ博士の世界とフラワーエッセンス療法』~人間を健康で

幸福にする植物の力~と題し、1930年代に初めてこの療法を確立した英国の医師

エドワード・バッチ博士の宇宙観、世界観、人間観から病因論、38種類の花の説明まで

精髄を網羅☆

フラワーエッセンスとは、『人格(自我)と魂(=神)の回路を繋げ、魂との交流を回復し、

本当の生き方を取り戻すことができるものだ』と言い切れる背景を、キッチリ

説明していただきました☆

 

先生の気迫とユーモアと、情熱にあふれたお話に聞き入ってしまい・・・

表現豊かな花たちのプロフィールに引き込まれ・・・あっという間の6時間でした。

20160131.jpg

 

次回の講座のテーマは『錬金術とフラワーエッセンス』。

古代、ギリシャやエジプトで研究された錬金術は、卑金属から黄金に生む

という発想から発展し、後には人間の心、魂をも「より完全な」ものに

変えていこうとする研究となっていきました。

フラワーエッセンスを学ぶ上で必ず出てくる『錬金術』の考え方を

医療、療法といった視点も交え、お話を伺います。

 

なおこの講座は、通常6回シリーズとして開講される先生の講座の

2回分の内容です(単発受講可能)。

 

自然療法の世界の真髄を、集中して学ぶチャンス☆

フラワーエッセンスの実践家から入門者の方まで、

さらには、他の植物療法・代替療法に関心を持つ方など、

どなたでもご参加いただけます。

 

~~~~

 

◆東昭史先生のフラワーエッセンス療法講座(2)◆

錬金術とフラワーエッセンス』

 

フラワーエッセンスについて学んでいると、

必ず出てくるテーマが錬金術です。

 

バッチ博士は、著作の中で何度も、

錬金術パラケルススの名前をあげており、

その影響の大きさをうかがい知ることができます。

 

バッチ博士の考えを理解する上で、

錬金術は重要なテーマであると言えるでしょう。

 

そこで、今回の講座では錬金術をテーマに、

古代以来の伝統について触れながら、

バッチ博士が錬金術からどのような影響を受けたのか、

また、錬金術的な視点で見た、

フラワーエッセンスと植物の性質について学びます。

 

新たな角度から学ぶことで、フラワーエッセンスについて、

より一層、興味と理解を深めることができる講座です。

 

     ~~~~~

 

日時: 2016年3月13日(日) 10時~16時 

会場: 安心コミュニテイプラザ 「風の家」

   (六甲道駅北地区集会所:JR六甲道駅より徒歩5分)

    

講師: 東 昭史 氏 (フラワーエッセンス研究家)

   公式サイト「The Alchemy of Flowers」

         

受講料: 10,000円  (受講料は当日受付時に頂戴いたします)

 

ご予約: 以下のフォームに入力し、送信してください。

 

お問い合わせ: ほしのしずく 水谷 hoshi.no.shizuku.rokko☆☆gmail.com

アドレスの☆☆を@に置き換えてください。