2016.6.16~17 花と森と山の精霊と遊ぶWS@黒姫 (2)

これは6月に黒姫高原を訪ねたときのこと。


笹ヶ峰・夢見平の地蔵桂に会いに、仲間たちと森の中を1日歩き回った日がありました。

森の奥のしっとり湿った草地に、ドーンと現れた桂の大木。
なんとも言えない独特の宇宙観を示しているようで、
できるだけその世界を共有したくて…
自分の周波数を整えつつ、少しずつ近づかせてもらいました。


🌱

実は…
この原っぱに3本の大樹が独特の世界を作ってました。


一番手前はこの地蔵桂。
雰囲気的に男性的で力強く、物事を表していくときのエネルギーを放っているような印象の木。


一番奥には、少し若くほっそりした女性的な桂。
根元から枝わかれし、天に向かって受け口を差し出してエネルギーを受け止め、大地に還す役割を果たすような姿。


真ん中には、直立したヤチダモの木。
幹には大人が一人すっぽり入るような大きなウロがあり、まるでカプセルか何かのような姿…(o^^o)


陰・陽の勾玉のように、巡り巡るエネルギーと
その真ん中に、統合させるカプセル…みたいな(笑)
そんな世界が作り上げられていました。

0815katsura.jpg


…わたしの個人的空想ですけれどもね(^_−☆

(続く)